有限会社 建栄|春夏秋冬を楽しむ家づくり

お問い合わせは電話番号03-3576-1571(受付時間/9:00〜18:00まで(日曜定休))まで

都心の狭小地に“季節の移り変わりを感じられる家”をつくる!
巣鴨にあるアーキテクトビルダー(設計事務所+工務店)の建栄です。

都心の狭小地に“季節の移り変わりを
感じられる家”をつくる!

閉じる

ブログ

カテゴリー

アーカイブ

|Date:2018年7月21日 | Category:設計室のブログ |

文京区白山の家、断熱工事が完了。

気温が高いので暑いことには変わりはありませんが、屋根面と壁面からジワリジワリ迫ってくる熱は遮断されるので現場的には作業効率が少し上がります。

IMG_4126

IMG_4124

同時進行で壁のガルバリウム鋼板張りもスタートしてます。

IMG_4131

IMG_4120

 

|Date:2018年7月20日 | Category:設計室のブログ |

弊社で設計したものを、普段は建築しておりますが、設計事務所さんからの依頼で施工のみをお引き受けすることもあります。

そんなプロジェクトが「豪徳寺の家」です。緑青色のガルバリウム屋根に、モスグリーンのラップサイディング外壁の超狭小住宅。

炎天下の中、カメラマンによる写真撮影を行いました。

 

IMG_1589

IMG_1592

IMG_1590

|Date:2018年7月9日 | Category:設計室のブログ |

屋根のガルバリウム鋼板を葺き終わり、大工がアルミサッシを設置していく。

アルミサッシの取付が完了すると、現場も戸締りができるようになる。

中間検査も問題なく合格。

IMG_4069

IMG_4073

|Date:2018年7月4日 | Category:設計室のブログ |

雨に降られることなく屋根の工事完了。

ダークブラウンのガルバリウム鋼板を採用。

IMG_3976

|Date:2018年6月27日 | Category:設計室のブログ |

文京区白山の家、屋根下地が完成したということで現場に確認しに行く。

建栄のつくる家では、外壁の標準仕様が左官下地のアクリル樹脂吹付けなのだが、今回の壁仕上はガルバリウムサイディング。

仕上も変われば使う金物も変わり、屋根通気と壁通気の考え方を念入りに大工と協議する。

IMG_1550

出来たばかりの屋根に登ると、そこには小石川植物園の緑が広がっていた。

IMG_1551

1 2 3 4 30